「相続時の罠!? 不動産未登記が引き起こす遺産分割遅延とその解決策」

みなさんこんにちは、島根県松江市 相続コンサルタント山根博幸です。

先日不動産売却の相談があり登記簿を確認したところ固定資産税は払っているが、登記がなされていない駐車場(屋根付きの建物)があり

売却が進まないという事例がありました。

本日は、相続における不動産未登記問題と遺産分割の遅延について記事にします。


相続時、多くの家庭が直面する「不動産未登記」問題。

これが原因で、遺産分割が大幅に遅れることが多いのをご存知でしたか?

相続は多くの家庭で避けられない出来事です。

そして、その中でも不動産の相続は、さまざまな問題を生むことが少なくありません。

今回は、不動産未登記問題が遺産分割をどのように遅延させるのか、その背景と解決策について書いてみます。

1. 不動産未登記問題とは?

不動産の所有権移転登記は、所有権の変動を公示するためのものです。

しかし、多くの家庭では、何らかの理由でこの登記がなされていないことがあります。

特に相続の際、故人が生前に不動産の登記を怠っていた場合、

そのまま相続が進行することが少なくありません。

2. なぜ遺産分割が遅れるのか?

不動産が未登記の状態で相続が始まると、以下のような問題が発生します。

権利関係の不明瞭さ:

所有者が正確に誰であるのかが不明確となり、

遺産分割の対象としての不動産の価値や分け方が決まりにくくなります。

手続きの複雑さ:

未登記の不動産の登記手続きは、通常のものよりも複雑で時間がかかります。

そのため、相続全体の手続きも遅れが生じやすくなります。

相続人間のトラブル:

不動産の価値や持分についての不明確さから、

相続人間での意見の対立が起きやすくなります。

3. 解決策は?

生前の登記:

生前に不動産の登記を行うことで、相続時の手続きをスムーズに進めることができます。

中立的な第三者の介入:

不動産鑑定士や税理士、不動産取引の専門家の意見を取り入れることで、公正な価値判断や適切な手続きを進める手助けを受けることができます。

相続人間のコミュニケーション:

未登記問題を含めた相続に関する事項を、早い段階からオープンに話し合うことで、意見の対立を最小限に抑えることが可能です。

こんな時はご相談を

「先代の父からの名義が変わっていなかった」

「遺産分割に関しての納得のいかない点がある」

「庭に小さな小屋がある、増築部分がある」など、

相続に関する様々な悩みや疑問がある場合は、

専門家への相談を推奨します。正確な情報と適切なアドバイスにより、スムーズな手続きが可能となります。

まとめ

相続は予想以上に複雑な手続きが伴います。

特に不動産の未登記問題は、その中でも特に注意を要する部分です。

遺産分割が遅れることを避けるためには、早い段階からの対策と、

相続人間の良好なコミュニケーションが鍵となります。

この記事を書いた人

山根 博幸

山根 博幸

1975年10月11日生まれ。
生まれも育ちも現住所も島根県松江市です。

親亡き後の不動産相続の専門家
大学卒業後、不動産会社8年、生命保険会社15年勤務後、不動産仲介、保険代理店として起業。地域の円満相続の実現のために、2023年 相続トータルサポート松江を設立、代表に就任。
現在は二人の障がいを持った子どもの子育て中。
同じ状況のご家族の良き相談役、コンサルタントとしてサポートいたします。
【人生理念】
愛・向上心・信頼
【人生ヴィジョン】
好きな人と好きなことを好きなだけできる人生を創造する